基本的な使用方法

B2 MultiClipに複数の文字をコピー(保存)し、それを貼り付ける手順を説明します。

いま仮に、5つのデータ(言葉・文字列)を B2 MultiClip にコピーし、貼り付け作業をおこなうものとします。
テストとして、富士山 3776m 元旦 初日の出 めでたい! の5つの言葉を用意しました。この5つを順に B2 MultiClip にコピーしていきます。
データ
 ↓
B2 MultiClipを起動させます。(アイコンをクリック)
B2 MultiClipアイコン
 ↓
@「富士山」を選択し、
AB2 MultiClip のいちばん左のボタンをクリックします。
(左のボタンがコピー用ボタンです)
コピー操作
 ↓
「富士山」がB2 MultiClipの中にコピーされました。
データを1つ保存した状態
 ↓
同様に、順次、データ(言葉)を選択しコピーを繰り返します。
すべてのコピーが終了したのが下の状態です。
コピーしたデータが一覧表示されています。
データを5つ保存した状態
 ↓
右側の錠前マークをクリックし、カギをかけた状態にします。(ゆっくり、しっかり押さないとカギがかからないことがあります)
カギをかけておけば、B2 MultiClip を終了してもデータは保持されます。
錠前マークをもう一度クリックすると、カギは外れます。
ロック操作
 ↓
カギをかけていないデータは、右上の赤い×印をクリックすれば削除できます。
削除操作
 ↓
 ↓
次に貼り付けに移ります。
E貼り付けたい場所をクリックし、カーソルを点滅させます。
F「富士山」(貼り付けたいデータのボタン)をクリックします。
貼り付け操作
 ↓
G「富士山」が貼り付けられました。
このように、「貼り付けたい場所で、貼り付けたいデータのボタンを押す」だけです。
貼り付け完了画面
 ↓
終了するときは、画面の余白部分を右クリックし [プログラムの終了] を選択します。
終了メニュー

*     *     *

B2 MultiClip起動中にコピー操作をすると、そのつどデータがコピーされます。保存の必要のないデータまでコピーされ、わずらわしく感じることがあるかもしれません。
その場合、B2 MultiClip を終了させるか、メニューの [クリップボードの監視] のチェックを外しておきます。データのコピーを停止できます。
停止操作

次のページへ進む ⇒ 応用編