開封確認メールを送信する

送信したメールが相手(受信者)に開封されると、送信者にメールが返信され、開封されたことを知らせる「開封確認」という機能があります。Outlook Express や Windowsメールなどでは、メール送信時に返信を要求するヘッダー情報を送信しており、その情報に相手(のメールソフト)が応えると返信メールが届くしくみなっています。
エドマックスにはヘッダー情報を追加する機能がありますので、必要な情報を追加することで開封確認メールを送ることができます。

注意:自分(送信者)だけでなく、相手(受信者)も対応したメールソフトを使用していることが必要です。

ヘッダー情報とは

電子メールには、メッセージ(本文)とは別に、件名、送信元アドレス、受信者アドレスなどの情報も含まれています。
下図は、エドマックスでヘッダー情報を表示した事例。 (表示方法はこちら ⇒ ヘッダ表示の調整

ヘッダー情報
メール送信時には、メッセージ(本文)とは別に、こういった情報も送信しているわけです。

このヘッダー情報に以下のような情報を追加することで、相手(受信者のメールソフト)に開封確認メールを要求することができます。送信者のメールアドレスが a@benri-soft.com の場合は次の1行を追加する。

Disposition-Notification-To: a@benri-soft.com

以下の手順で、この1行をヘッダー情報に追加します。

エドマックス上部の「設定」メニューから「アカウント設定」を選択する。

「アカウント設定」画面が開いたら「受信」タブ ⇒「拡張ヘッダ」をクリック

拡張ヘッダ画面を開く

「拡張ヘッダ」欄にわかりやすい任意の名称(この場合は「開封確認」)を入力し、「内容」欄に追加するヘッダ情報
Disposition-Notification-To: a@benri-soft.com
を入力する。そして「追加」をクリックする。

入力

一覧に「開封通知」が追加されたことを確認後、「OK」をクリックする。

確認

以上でヘッダに情報が追加されたはずであるが、確認のため自分で自分のアドレス宛にメールを送信してみる。下図は自分宛のメールの記入例。

テスト送信

自分宛に届いたメールのヘッダー情報を確認してみる。 下図のように、追加したヘッダー情報が表示されていればOK。

ヘッダ確認

開封確認メールを送信したくないときは(追加したヘッダー情報を送信したくないときは)、新規メッセージ画面のプルダウンメニューで空白を選択する。

拡張ヘッダの切り替え

注意:以上は、開封確認メールを“送信する”設定の話です。開封確認メールを受信して開封確認の返信をするには(今ここでは説明を省略しますが)別の設定が必要です。

戻る ⇒ HOME  EdMaxトップページ  ↑このページの最初

便利なソフトの使い方