開くブラウザを指定する

メールの文中のURL(httpで始まる文字列)をクリックすると、通常はインターネットエクスプローラーが起動してホームページが表示されます。インターネットエクスプローラー以外のブラウザを利用している方も多いと思いますが、エドマックスの「プラグイン」機能を使うことで、他のブラウザを開くようにすることが可能です。ファイアフォックスを使用するケースを事例に、以下に手順を説明します

こちらのページEdMaxプラグインの下のほうのEdMax++ プラグイン(改)をクリックして、プラグインファイルをダウンロードします。
参考:普通の「EdMax++ プラグイン」もありますが、(改)のついたEdMax++ プラグイン(改)のほうが機能が豊富なのでおすすめです。

パソコン内に「eplus102.lzh」が保存されます。

圧縮ファイル

「eplus102.lzh」を解凍します。( .lzh形式の解凍が可能なソフトが必要です)

「eplus.dll」が現れます

解凍したファイル

「eplus.dll」をエドマックスのフォルダ内の「Plugins」フォルダに入れます。なお、この操作の際は、エドマックスは終了させておいてください。

エドマックスを起動させます。

「新規プラグインの検出通知」ウインドウが表示されます。
名称が「EdMax++ プラグイン(改)」になっていて、「直ぐ使用する(有効状態で組込む)」にチェックが付いていることを確認し、「OK」ボタンをクリックする。

新規プラグインの検出通知1/1

エドマックス上部メニューから「設定」⇒「プラグインの設定」⇒「EdMax++ の設定」を選択する。

プラグインの設定画面を開く

「EdMax++ の設定」ウインドウが開くので、「参照」をクリックする。

設定画面が開く

参照画面が開くので、設定したいブラウザのプログラムファイル(この場合はファイアフォックスのfirefox.exe)を選択する。(通常、ファイアフォックスは以下にインストールされています:Cドライブ ⇒ Program Files ⇒ Mozilla Firefox)
firefox.exeを選択し、「開く」をクリックする。

ブラウザ(FireFox)を指定する

以上を確認したら「OK」をクリック

ブラウザを指定してOKボタンをクリック

以後、メール文中のURLをクリックするとファイアフォックスが起動する。

ところで、「EdMax++ プラグイン(改)」を利用すると、ブラウザーを3つまで登録でき、URLにマウスを近づけたときに右クリックすることで、開くブラウザを選択できます。方法はこちら⇒URLをクリックしたときに起動するブラウザを複数設定する

戻る ⇒ HOME  EdMaxトップページ  ↑このページの最初

便利なソフトの使い方