文字を書くため(だけ)のソフトです

テキストエディタとは、文字を書くために使うソフトウェアのことです。Windowsに標準で付いているメモ帳(Notepad)やWordpadもテキストエディタの一種です。しかし、機能が少なく最低限のことしかできません。

そのため、本格的に文字入力する場合には、もっと機能のある各種のエディタを使用することになります。
当サイトで紹介しているのは、

です。
今後、さらにいろんなものを追加していくつもりです。

*     *     *

ところで、一般のユーザーは、ワープロソフトを使うことが多いと思います。ワープロソフトの主目的は、最終的には紙にプリントアウトして印刷物を作ることです。そのため、印刷時の書体や色などが設定できます。

つまり、ワープロソフトが“A”という文字を扱う場合には、「これは“A”という文字である」という基本的なデータ以外にも、書体や色などさまざまなデータを扱うことになります。

一方、テキストエディタは、基本的には「これは“A”という文字である」というデータのみを扱います。

これは元々、テキストエディタがプログラムを書くための道具だったからです。コンピュータに出す指令には、書体や色は関係なく、あくまでも文字だけでいいからです。

テキストエディタは、文字を書くことに特化しているため、プログラム以外に普通の文章を書くにも適しています。使ったことがない方は、一度ためしてみてはいかがでしょうか。